eurobar OSHIMA

eurobar.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 24日

旅の写真 Madrid

e0210715_1442517.jpg

エンサラディージャ・ ルサ 。何故かロシア風と呼ばれるこのサラダ、いろんな具材が入っているのに大変穏やか。
e0210715_1454673.jpg

シベーレス広場のコムニカシオネス宮殿(市役所本部)。1987年の冬、二度目のスペイン旅行中に睡眠薬強盗に遭い、盗まれたパスポート探しにここの中央郵便局に来たことがある。(パスポートはポストに捨てられることがあると聞いて)あぁ~、懐かし。
e0210715_14222376.jpg

マヨール広場近くのサン・ミゲル市場。
e0210715_14233992.jpg

e0210715_1425164.jpg

バル式に食べられる店がいっぱい。貝類屋でpercebes ペルセベス(通称亀の手)。手首に当たるところを剥いてそこを食べる。200g=18ユーロと結構高いので100g注文。″海水で茹でる″とガリシアで買ったタパス本にあったような。とにかく塩っぱい。50gでもよかった・・・。
e0210715_1461125.jpg

バスク系モダンなピンチョスバル。ピンチョスとイタリア語で酒蔵を意味するエノテカを文字ってピンチョテカって書いてあった。
e0210715_1463066.jpg

チョリソのジャガ芋巻き揚げ、ウズラの目玉焼き添え。
e0210715_1465989.jpg

ジャガ芋、バカラオ、ピキージョ種の赤ピーマン。
e0210715_1472282.jpg

ズッキーニのフライ。
e0210715_1419496.jpg

赤ピーマンの上にヤキトリのホモピコンソースがけ。
e0210715_14453283.jpg

ラオス人夫婦(?)のいるcasa Toni「トニの店」。
e0210715_148152.jpg

e0210715_14391058.jpg

親しみの持てる内装。蛍光灯の照明がまた明るく庶民的で落ち着く。
e0210715_1481629.jpg
e0210715_1483677.jpg

モルシージャ。隣でこれの小さい輪切りを抓んでたおじさんは皮を除いて食べてた。
e0210715_1495757.jpg

ワインと言うより限りなくぶどうジュースに近いサングリア。
e0210715_14101972.jpg

左に写っているのがとっても感じの良いラオス人さん。
e0210715_14103532.jpg

上の二軒があるcalle de la cruz (クルス通り)。
e0210715_14105225.jpg

同じ通りにあるバルの店頭にエビフライ。ヤキトリと同様、日本原産。
e0210715_14112414.jpg

プエルタ・デル・ソルには様々なパフォーマーがいて楽しい。南米系楽団。
e0210715_14114642.jpg

突然踊り出したオカマのおじさん。くねくねダンスに思わず注目。
e0210715_14131358.jpg

いつまでも賑やかなソル。
[PR]

by eurobar | 2012-09-24 14:19 | 日記


<< 昨夜の料理から      旅の写真 Madrid >>